★【お買い上げ1万円以上で送料無料サービス始めました!】

須佐男命いか3D冷凍パック

販売価格: 2,000円~4,602円(税別)

(税込価格: 2,160円~4,970円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

クール便(冷凍): 216円がかかります

在庫数 在庫なし

山口県人気ナンバー1魚介類「須佐男命いか」

 

活イカの透明感を、ご家庭で気軽に楽しんで頂きたい!

遠方のあのイカ好きに笑顔になってもらいたい!

そんな思いを形にする商品です。

 

 

「須佐命いか3D冷凍パック」の品質をわかりやすく図にしてみました。 活イカ-3D-官能評価ガイド

 

 

【透明感を再現する上手な解凍法】

 

氷水をご用意ください。(又は保冷剤を入れるなど)

 

作った冷水に、真空パックされた

袋ごと漬け解凍します。

 

目安は、30分〜40分(冷水の量にもよります)で、

透明感が出てきたら半凍りでも、冷水から取り出し、

開封して頂いて結構です。 

 

※流水解凍(水道水を直接あてる解凍)は、やらないでください。

 

 

 

 

 

 

【免責・注意事項】 ※よくお読みください。

  • 冷凍保存状態の最中、-5℃以上の温度に上昇、又は、それを繰り返された場合は、透明感が得られにくく品質低下をまねく可能性があります。
  • 冷凍保存状態が製造より1ヶ月以上たつと、透明感が得られにくく品質低下をまねく可能性があります。(生食の食品としては製造より3ヶ月間の賞味期限がございます。)
  • 宅急便の配送過程での品質(-15℃以下冷凍保管)維持を前提にしております。ご家庭への納品時は速やかに冷凍庫へ保管し直してください。
  • ご家庭の冷凍庫が簡易的な製氷程度の冷凍機能しかない(-5℃以上になる可能性がある程度の能力)場合は、品質保持は保証できません。
  • 活イカにより近い透明感を楽しみながら食して頂くことを目的とした商品です。極めて高鮮度とは言え、「活イカと同等の食感」「吸盤が吸い付く」「動く」といった「活イカ」そのものではございません。(上記相対官能値図をご参考にして下さい。)
  • 上記事項がお客様・当店の意思に関わらず、保証されない事象・事態が発生する可能性がある場合は、販売を一時的に停止し、保証されるまで販売いたしません。

 

 

 

ダンボール解凍

商品を解凍できる大きさの容器がない方は、

 

同梱してあるビニール袋を、

発送されてきたダンボール(又は、ご自宅の適切なサイズの箱)に

はめて、解凍容器としてお使い下さい。 

 

 

 

 

 

 

 

梱包に関して 

梱包は、保冷剤入りでアルミ包装を2重にし保冷状態をキープ

化粧箱入りの場合は、化粧箱【保冷用発泡素材】の上から

保冷剤と一緒にアルミ包装。

外側梱包は

贈り物用の化粧箱で頼まれた方は、外箱がダンボールでの発送ですが、

通常の方は、お客様の送料の負担軽減のため

簡易包装(二重にしたアルミ包装袋)で発送いたします。

 

  

 

 

 

 

 サイズ商品価格(税別)イカ重量
Sサイズ2000円(税別)150g~170g
Mサイズ

2297円(税別)

171g~210g
Lサイズ2676円(税別)211g~250g
2Lサイズ3102円(税別)251g~300g
3Lサイズ3843円(税別)301g~380g
4Lサイズ4602円(税別)381g~480g

 

 

 

 品質内容

原材料

剣先イカ(萩市須佐産)

内容量バリエーション(S〜4Lまで)単位 
保存方法-10℃以下で冷凍保存
冷却方法3D急速冷凍
賞味期限冷却加工から3ヶ月
アレルギー物質イカ
加工場所梅乃葉(萩市須佐5010-1)

 

 


 

 

 

【超高品質急速冷凍3Dフリーザ―】

 

 高品質急速冷凍機として日本屈指の(解凍)再現効果を持つ機器です。

梅乃葉では2016年秋導入後、生鮮ケンサキイカの冷凍・解凍による品質検証を重ねてきました。

ケンサキイカ専門店、活いか屋のプロが自信を持って選んだ機器です。

 

 

 

 

 

 


 

「もう一つの須佐男命いか」

 

須佐男命いかブランド化発足時

須佐男命いかのブランド化が始まる時(平成13年〜)、関係者の誰もが、

 

水揚げされた鮮イカ(箱詰めされた市場出荷するイカ)にも名前を付けたほうが儲かるよ!

 

と説得するにも関わらず、

当時の船団長が頑なに「生きているものだけにしか名付けない!」

と拒否したという経緯があります。

 

 

 

それを傍らに聞いていた私としては、

 

・・ってことは、ここ(須佐)にお客様を呼ばなきゃ食べて頂けないってことだな。

 

と覚悟を決めた瞬間で、

「多くの方に須佐男命いかを食べて頂く」という

自分とお店の使命となりました。

須佐男命いか

 

 

もう一つの須佐男命いか

ただ、もう一つ、このブランド化当初から想定しつつも実現できていなかったことがあります。

 

商標登録をされた時、「須佐で捕れる生きたケンサキイカ」という基準の他に、

もう1つ別の基準を設けてあるんです。

 

それが、

 

須佐の生きたケンサキイカで加工された高品質の加工品」です。

 

誰が製作したかとか、そういったことが基準ではなく、

あくまで高品質であるかどうかという点が、最大のポイントでもありました。

 

その技術を求め、当時、関係者は奔走しましたが、

様々な理由から実現できませんでした。

 

当時、広報担当として、ブランド化に尽力し、

志半ばで、病気により亡くなられた方

(テレビにも出演された、大企業の部長職からのIターン漁師さんです)

が、求める技術とはまさにこの技術で、

 

「須佐男命いか」の加工品は、このレベルでなければ名前を付けたくない!

 

と仰っていた思いを、周りの漁師たちもよく知っていましたし、

私も良く聞かされていました。

 

2017年、関係者の方々のご尽力もあって、

漁師の皆さん(ブランド委員会)にも了解を得て、

ようやくスタートします。

 

この本物のイカの味を、多くの人に、伝えたい!

 

御来店ままならない、イカ好きのあの方へ、贈り物として推奨します。

(ギフトボックス(化粧箱)オプションもあります)

そして、いつか、須佐へお越しいただき、活イカをお召し上がり下さい。

是非!

 

販売価格: 2,000円~4,602円(税別)

(税込価格: 2,160円~4,970円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

クール便(冷凍): 216円がかかります

在庫数 在庫なし